ダイエット

ダイエットをやり遂げる為のアドバイス

ダイエットをする場合、自分ひとりなら食事の量やペースを調整しやすいですが、職場で誰かと一緒に食べる場合や家族と同居している人は、どうしても量やメニューをあわせなくてはならない、という事がありますよね。例えばお昼は軽くすませたいのに、カツ丼屋さんにいく事になったり、夕食をヘルシーにしたくても、家族からクレームが出たり、なかなか調整が難しく、ダイエットの挫折のきっかけになったりします。
そういった、自分自身ではコントロールしにくい食事をどうしたら食べすぎなならずにすます事ができるか、考えてみました。
まず、昼食ですが、会社関係の人と食事に行く場合、ある程度潔く諦める事も必要です。取引先や上司と一緒の場合は特にそうですが、相手に負担や不満を感じさせる事になったら、一緒に食事に行く意味すらなくなります。昼食を食べすぎたり重いメニューだった日は、午後にできるだけ動くようにしたり、夕食が調整できたら軽めにすますようにしましょう。また、入ったお店にもよりますが、メニューの中で軽めの物を選ぶようにすれば、カロリーの取りすぎを防ぐ事ができますので、そこを意識してメニューを選びましょう。
自宅での食事は、もし自分で作るなら、ダイエットの大敵の揚げ物類などを徹底的に避け、分量も自分の量を減らす事です。煮物も砂糖など沢山使うので、場合によっては避けた方がよいかもしれませんね。
他の家族が作るなら、太りやすいメニューを避けるように依頼したり、代わりに自分が作ったり、せめて盛りつけを担当し、量を減らすようにしましょう。
そういった事ができない状況なら、たまには仕事などを理由に、夕食を食べない日を作ってみるのも一つの手です。あまり頻繁ですと家族も不振に思うかもしれないので、様子を見ながら夕食無しという日を作ってみましょう。
食べすぎを上手に防いで、ダイエットを成功させましょう。